コンプライアンス

人材派遣、業務請負、業務委託、アウトソーシング等、各々の業務形態に様々な法令が関係しています。人材派遣は、一義的に「労働者派遣法」という法律の適用を受け、労働基準法や労働安全衛生法においても派遣先企業、派遣会社が守るべき事項が決められています。

昨今の大きな流れは、「企業の社会的責任(CSR=Corporate Social Responsibility)」が業を取り巻く顧客、株主、取引先、従業員等の利害関係者から重視されてきていることから、多くの企業が取引先選別基準として、その企業がコンプライアンスを満たしているか否かを最優先事項、且つ、最低限の条件とする傾向が強くなっているようです。

ジアースキャリアサポートは、お客様満足度向上を行動の基本基軸に置き、安心してお取引を頂けるよう、全社一丸となってコンプライアンスを推進しております。

社会保険加入義務

働くスタッフがまず安心して仕事に就けるよう、コンプライアンスやCSRといった観点から、スタッフの社会保険加入を促進しています。 本来、健康保険と厚生年金保険については、適用事業所に雇用される者で、同一事務所で働く通常の社員と比較して以下の要件を満たす場合は、本人の意思にかかわりなく加入させなければなりません。

(厚生年金保険法第12条他)
(1)1日または1週間の所定労働時間が概ね4分の3以上であり、
(2)かつ、1月の所定労働日数が概ね4分の3以上の者

さらに、派遣関係法令では、派遣先が派遣労働者を受け入れる際には、社会保険・労働保険に加入しているものを受け入れる、加入状況の通知を派遣元から受けるなどの適用(加入)促進が求められています。(派遣先が講ずべき措置に関する指針)
厚生年金は国民年金に相当する基礎年金部分に厚生年金の2階建て部分が乗った形になっていることから、厚生年金に加入しないと、年金給付額に年間56万円の差が生じることになります。

以上のことから、当社は就業スタッフの将来をも見据え、社会保険加入対象者に対しては全員が加入することを前提に雇用いたします。

個人情報保護について

総合人材サービス企業として多くの個人情報などを扱う当社としても、すべてのお客様ならびにスタッフに、安心かつ安全に当社のサービスをご利用いただけるよう、個人情報保護に関するコンプライアンスに適合した個人情報の適切な保護のための体制を整備しております。
弊社は今後とも、お客様ならびにスタッフ等の重要な個人情報を取り扱う事業者として、さらなる個人情報の適切な保護措置を講じてまいります。

↑ページ上部へ

「登録しに行く時間がない」
「直接面接に行く事が無理」という方のために登録を24時間受け付けております。

オンライン登録